So-net無料ブログ作成

防衛コンサル料脱税 秋山被告に有罪判決(産経新聞)

 平成15〜18年に防衛商社などから受け取ったコンサルタント料約3億1400万円の個人所得を隠し、約1億円を脱税したとして所得税法違反(脱税)などの罪に問われた社団法人「日米平和・文化交流協会」元専務理事、秋山直紀被告(60)の判決公判が29日、東京地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は「我が国の税務調査権の間隙を突いた巧妙で悪質な犯行」として懲役3年、罰金2700万円、執行猶予5年(求刑懲役3年、罰金3千万円)を言い渡した。

 検察側は論告で「受け取った所得は、旧防衛庁発注の遺棄化学兵器処理事業などで業者に便宜を図ったことに対する謝礼で、業者から秋山被告本人への支払いだった」と指摘。業者からの送金先となった米国法人を「米国法人に実体はなく、法人の口座は秋山被告の管理下にあった」とした上で「資金を複雑に移動させて日本に戻しており、犯行は悪質だ」などと主張した。

 一方、秋山被告は「米国法人には実体があった。個人ではなく法人の所得だ」などと反論、脱税について無罪を主張していた。

 起訴状によると、秋山被告は15〜18年、山田洋行などの防衛関連企業からコンサルタント料名目で米国のダミー法人の口座に送金させるなどの手口で約3億1400万円を受け取ったことを隠し、所得税約1億円を脱税したとされる。

 公判では協会の会長も務めた元防衛相の久間章生前衆院議員が出廷し、「安全保障問題で(秋山被告は)日米の橋渡しに重要な役割を果たした」などと証言、寛大な判決を求めていた。

【関連記事】
秋山被告に懲役3年求刑 防衛コンサル料脱税
久間氏が証人出廷「日米の交流に重要な役割果たした」 東京地裁
防衛コンサル料脱税の秋山被告、無罪主張 東京地裁で初公判
久間元防衛相、法廷証言へ 防衛コンサル料脱税事件
久間氏が証人出廷「日米の交流に重要な役割果たした」 東京地裁
あれから、15年 地下鉄サリン事件

中井氏、週刊新潮に反論「路上でキスは1回もない」(スポーツ報知)
「真実の声に耳傾けず」=裁判長、立ち上がり謝罪−涙ぬぐう菅家さん・足利事件再審(時事通信)
参院選 民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と(毎日新聞)
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会(医療介護CBニュース)
フリー、ネット記者10人が出席=内閣記者会が開放−首相会見(時事通信)

強盗致死、検察審が1人を「不起訴不当」…茨城(読売新聞)

 茨城県牛久市で1995年、ホテル経営松田行雄さん(当時68歳)が縛られ、死亡した事件で、水戸検察審査会は、時効の約1か月前に強盗致死容疑で逮捕され、不起訴となった男性3人のうち千葉県鎌ヶ谷市、無職男性(73)について不起訴不当を議決した。

 2人は不起訴相当とした。議決は19日付。

 水戸地検は昨年12月、3人を処分保留で釈放。今年1月に不起訴(嫌疑不十分)とし、遺族が1月末、検察審査会に申し立てていた。

 事件の公訴時効(15年)は1月18日で過ぎているが、捜査関係者によると、不起訴不当とされた無職男性は海外渡航歴があり、男性について時効は成立していないとしている。水戸地検は、無職男性を起訴すべきかどうか改めて判断する見通し。

 議決によると、無職男性は別の者らを誘って犯行に及んだことを認める供述をしており、目撃者の供述と符合していることなどから、男性の供述は合理性と信ぴょう性があるとしている。そのうえで、水戸検察審査会は、「検察官は共犯者と思われる別の者らの取り調べの捜査を十分尽くしたとは言えない。再考を求める」と指摘した。

 共謀したとして逮捕された2人については、「公訴時効が完成したと認められ、不起訴処分は相当。犯行を認めるに足る証拠は発見されていない」としている。

 議決結果を受け、無職男性は取材に応じ、「これまでの取り調べでも(共謀したとされていた)2人は関係ない。ほかの人間とやったと言ってきたわけだし、特にコメントはない」と話した。

新たに男2人、容疑で逮捕=工事現場に男性遺体遺棄−茨城県警(時事通信)
橋下知事に応酬、伊丹廃港案で兵庫知事「世の中を動かしてみなさい」(産経新聞)
停電、埼京線など4700人缶詰め=最長3時間25分運転見合わせ−架線にケーブル(時事通信)
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊、講談社(産経新聞)
阿久根市長、高校に処分撤回要請=野球部員の出場禁止で−鹿児島(時事通信)

子宮頸がんワクチン接種 定期検診とセットで(産経新聞)

 子宮頸(けい)がん予防のためのワクチン接種が国内でも始まり、関心が高まっている。ただし、ワクチンだけでは完全に子宮頸がんの発症を防ぐことはできず、定期的に検診を受けることも重要だ。専門家は「ワクチンと検診の両方を受けてほしい」と呼びかけている。(岸本佳子)

 ≪受診率わずか2割≫

 大阪市中央区の三宅婦人科内科医院。昨年末からワクチン接種をスタートしたところ、これまでに15人が接種した。内訳は10代が5人、20代が8人、30代が2人。ほとんどは母親の勧めで医院を訪れたという。「10代、20代ではなかなか自分自身で接種しようとは思わない。やはり何より母親の理解が必要」と院長の三宅侃(あきら)さん。三宅さんは更年期の治療などで医院を訪れる女性に対して、娘がいる場合にはワクチンについて説明し、啓発活動を行っている。

 接種した人には「ワクチンだけで絶対に子宮頸がんにならないというわけではない。検診はちゃんと受けてほしい」とアドバイスするのを忘れない。「検診あってのワクチン。ワクチンあっての検診。どちらも大切です」と三宅さんは話す。

 子宮頸がんの予防ワクチンは、発症の原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)のうち、原因の大きな割合を占める2種類の発がん性HPVなどに対して効果的だ。接種によって、発症を7割程度予防できるといわれている。完全に防げるわけではないため、残りは定期的な検診で拾い上げていく必要がある。しかし、国立がんセンターがん対策情報センターによると、日本での検診受診率は21・3%(平成19年)にとどまる。

 ≪海外では無料接種≫

 大阪市内で今月6日、大阪産婦人科医会が主催した子宮頸がん啓発セミナー「子宮頸がんは予防できます−お嬢さんを子宮頸がんから守りませんか」。講演に立った島根県立中央病院母性小児診療部長の岩成治さんは、子宮頸がんの予防ワクチンに関する説明を行ったうえで、「お嬢さんにはワクチンを、お母さんには検診を」というフレーズを紹介。集まった母親や医療関係者ら女性約250人を前に「ワクチンと検診をセットで受けてほしい」と何度も強調した。

 日本赤十字北海道看護大学准教授のシャロン・ハンリーさんは、オーストラリアの学校では無料でワクチン接種が行われ、イギリスでははしかやポリオと同じように接種している、といった海外の事例を報告。さらにイギリスでは子宮がんの検診受診率が高く、「私も大学生のときから受けています」と打ち明けた。

 ハンリーさんは「母も、叔母も、近所の人もみんな受けており、紅茶を飲みながらみんなで検診の話をする。検診が終わると買い物をして外食するので、楽しいイベントのよう。イギリスでは検診は大人になったら当然やることと受け止めている」と話し、ワクチン接種だけでなく、検診の重要性も訴えた。

                   ◇

 ■検診の受診率、宮城がトップ

 子宮がん検診の受診率は都道府県によってばらつきがある。国立がんセンターがん対策情報センターによると、平成19年の都道府県別受診率(20歳以上)は宮城の31・0%がトップ。以下、山形、秋田と続く。逆に、低いのは山口(16・6%)、兵庫(16・8%)、和歌山(17・6%)で、“東高西低”の傾向が見られた。

「勝ち進むことが恩返し」 敦賀気比の故小林繁さん教え子 センバツあす初戦(産経新聞)
能古島切断遺体 不明の32歳会社員と判明(毎日新聞)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)
DNA誤情報で別人の男性に逮捕状 神奈川県警(産経新聞)
<首都高>事実上値上げ 年内にも距離別料金−−政府検討(毎日新聞)

遺体は30代女性=死後切断、7〜10日経過−福岡県警(時事通信)

 福岡市西区の能古島北東部の海岸で15日、女性遺体の下半身が見つかった事件で、女性は30代とみられることが16日、福岡県警西署捜査本部への取材で分かった。同市博多区では今月上旬から30代の女性会社員が行方不明になっており、捜査本部はDNA型を照合するなどして関連がないか調べている。
 捜査本部によると、司法解剖の結果、遺体は死後切断され、1週間から10日経過。尻の右側上部と下部には生前にできたとみられるあざがあった。死因は分からなかった。 

【関連ニュース】
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取
グループホーム運営会社など捜索=入居者2人の身元確認-7人死亡火災・道警
リュック中身は乳児遺体=東大寮侵入容疑の男
神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か

<亀井担当相>追加経済対策講じるべきだと進言 鳩山首相に(毎日新聞)
ドラッグストアの売上高、10年連続で増加(医療介護CBニュース)
追加経済対策の進言に理解=「しっかり手を打つことは大事」−首相(時事通信)
<将棋>久保棋王勝ち最終局へ 棋王戦第4局(毎日新聞)
大相撲大阪場所の「ふれ太鼓」が本社訪問(産経新聞)

<野焼き>炎燃え広がり、一時国道通行止め 京都・伏見(毎日新聞)

 15日午前11時10分ごろ、京都市伏見区向島大黒の宇治川左岸河川敷で、野焼きの炎が燃え広がり、約1時間半後鎮火するまでに下草など約8ヘクタールが焼けた。人的被害はなかった。火災の煙で視界が妨げられ、国道1号が伏見区と久御山町間で約3キロにわたり約1時間、通行止めとなった。

 京都市消防局や国土交通省淀川河川事務所によると、京都市の男性が許可を得て、伝統工芸に使うヨシを刈った跡に点火したところ火勢が強まった。

上限料金制「予定の6月から」=前原国交相(時事通信)
<訃報>角田房子さん95歳=作家、「閔妃暗殺」などの作品(毎日新聞)
<業過傷害容疑>猟犬の飼い主を17日書類送検(毎日新聞)
龍馬も香りをかいだ?グラバーのラン販売へ(読売新聞)
奈良公園 雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)

<脱税>3500万円 容疑で79歳税理士告発 東京国税局(毎日新聞)

 投資信託で得た所得約2億4000万円を隠し、約3500万円を脱税した疑いがあるとして、東京国税局が東京都千代田区で開業する永井淳一郎税理士(79)を所得税法違反(脱税)容疑で東京地検に告発したことが分かった。

 関係者によると、永井税理士は06、07年の2年間で、税理士報酬とは別に投資信託で得た所得を申告せず、所得税約3500万円を免れた疑いが持たれている。永井税理士は修正申告に応じているという。【石丸整】

【関連ニュース】
名進研:社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検
脱税容疑:ビル転売の所得申告せず 東京の2社長を告発
脱税:芸能事務所アバンギャルド社長に有罪判決 東京地裁
企業買収脱税:公認会計士起訴 東京地検
犯人隠避:3容疑者を逮捕 GWGの企業買収巡る脱税で

参院選、責任者として臨む=小沢氏(時事通信)
雪で電柱折損、断線…山梨県内で4000世帯が停電(産経新聞)
<将棋>16日から王将戦第6局 久保初の獲得か羽生粘るか(毎日新聞)
<裁判員裁判>父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決(毎日新聞)
1人210万、団体29億=チッソが患者に支払い−水俣病未認定訴訟で和解案・熊本(時事通信)

ダンス 世界のトップが競演、観客うっとり 東京体育館で(毎日新聞)

 世界各国のトップダンサーが競演する「ロヂャース杯争奪 第12回東京インターナショナルオープンダンススポーツ選手権」が7日、東京都渋谷区の東京体育館であり、華麗な演技が観客を魅了した。

 スタンダード、ラテンの各部門に計25カ国・地域から180組が参加。スタンダード部門はドイツのベネデット・フェルッジア、クラウディア・ケーラー組が、ラテン部門はロシアのアレクセイ・シルデ、アンナ・フィルストワ組がそれぞれ優勝した。日本勢はスタンダード部門で石原正幸、久保斐美組が8位に入賞した。

 このほか「U−23オールジャパン・ダンススポーツカップ」スタンダード部門では、デンマークのイウォ・ロデサーニ、モニカ・ペデルセン組が、ラテン部門は日本の久野将也、和田有可組がそれぞれ優勝した。

山手線のホームドア、6月26日から=まずは恵比寿駅−JR東(時事通信)
道州制で静岡県は分裂? 浜松市長発言が波紋(J-CASTニュース)
<鳩山首相>支持率回復への改造否定(毎日新聞)
<新潟市美術館>文化庁方針に市長不満 仏像展示問題(毎日新聞)
普天間5月決着「覚悟を持って」と首相(読売新聞)

前原、仙谷、原口3閣僚が異例の予算委遅刻 予算成立確定で気の緩み?(産経新聞)

 前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相の3閣僚が3日午前の参院予算委員会に遅刻し、開会が約15分遅れた。平成22年度予算案は2日の衆院通過により、参院の審議にかかわらず年度内成立が確定しており、異例の遅刻は気の緩みととられかねず、野党は「参院軽視だ」と強く反発した。

 遅刻した3閣僚は委員会の冒頭にそれぞれ発言を求めて「申し訳ありません」と陳謝した。ただ、遅刻理由は説明しなかった。簗瀬進委員長(民主)は「遅れた方がいたのは遺憾だ」と不快感を表明し、平野博文官房長官も陳謝した。

 3閣僚が到着するまでの間、鳩山由紀夫首相やほかの閣僚は待機し、生中継を予定していたNHKの放送も開始が遅れた。質問に立った自民党の林芳正氏は「個人的な遅刻ではなく、連絡の不行き届きだったのだろうが、危機管理の問題だ」と非難した。

【関連記事】
国家戦略相がルーズって…遅刻の常習犯、仙谷氏は大丈夫?
首相、参院予算委前に「正直に真摯に誠実に」
鳩山首相、輿石氏との会談「予算案、頑張ろうと…」
個所付け問題 首相が前原国交相の処分を検討
政治主導早くも“失速”…官僚から失笑も
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)
犬繁殖業者 狂犬病予防法違反容疑などで逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
船形山遭難事故 男女3人が自力下山(産経新聞)
最大波発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)
京橋花月 吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)

<東京大空襲>墨田区役所に「平和のオブジェ」(毎日新聞)

 1945(昭和20)年3月10日の東京大空襲から65年を迎えるのを前に8日、東京都の墨田区役所1階に折り鶴で描かれた「平和のオブジェ」が登場した。

【写真特集】当時の貴重な写真でみる空襲被害のすさまじさ

 今年のテーマは「平和と自然を守る鐘」で、白いハトが平和の鐘を鳴らしながら世界へ羽ばたいていく様子をデザインした。

 同区は大空襲で甚大な被害を受けた地域で、92年から毎年平和祈念として壁画を展示している。壁画は高さ約13メートル、幅約7.5メートル。先月22日からボランティアらが区内外から集まった約13万羽の折り鶴を使い制作した。

 10日正午からは完成披露式とともに平和祈念コンサートが開かれる。【内藤絵美】

【関連ニュース】
【昭和毎日】当時の紙面も 東京大空襲
【アナクロですが】当時の文化人は東京大空襲をどうみたか イチョウの記憶
子どもは見ていた:東京大空襲65年/上 孤児になって
今、平和を語る:「ガラスのうさぎ」の作者、高木敏子さん

津波の避難者少なく「反省点」官房長官 チリ巨大地震(産経新聞)
副大臣が4回長崎出張=知事選前、農水相も1回−政府答弁書(時事通信)
羊 ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)
地元反対決議でも理解求める=普天間移設で平野官房長官(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。