So-net無料ブログ作成
検索選択

防犯カメラ立証不十分、窃盗容疑の店員無罪(読売新聞)

 コンビニエンスストアの売上金を盗んだとして、窃盗罪に問われた愛知県甚目寺町、配送会社従業員の男性(26)に対する判決が20日、名古屋地裁であり、伊藤納裁判官は無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。

 男性は、2008年11月、同町のコンビニ店でアルバイト勤務中、2回にわたって売上金計9万円をレジから盗んだとして逮捕、起訴されたが、一貫して否認していた。

 店には防犯カメラが設置されていて、売上金を入金して保管する金庫の前で、男性がしゃがみ込む姿が記録されていた。検察側は「動作が不自然」などと主張したが、判決は「手元の様子が十分映っておらず、証明力がない」と述べ、「立証は不十分」と判断した。

 判決後、男性は取材に対し、「信じてもらえてうれしい。逮捕後40日以上身柄を拘束されて、本当に苦しかった」と話した。

 名古屋地検の玉岡尚志次席検事は「判決内容を詳細に検討し、適切に対応したい」とコメントした。

橋下府知事のSPが倒れる(スポーツ報知)
<人事>外務省(15日)(毎日新聞)
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)
次世代電力網で日本連合後押し=24社でフォーラム−経産省(時事通信)
投資会社を家宅捜索=被害数億円か−無登録で出資募った疑い・警視庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。